ひとり旅海外に役に立つスマホアプリ10選(2019年の旅友にしよう!)

19/03/2020

本当に便利になりましたね。スマホ一つあれば、翻訳本とか、地図なども持ち歩かなくていいんですから、荷物が軽くてすみます。

反面、スマホばかりみていて、周りに注意が行かないということもあるのでそれは気を付けてくださいね。

ひとり旅、海外に連れていくスマホアプリをご紹介します。

 

Googleマップ

ひとり旅のスマホアプリでは、日本でももちろん使い倒してい要る人が多いですね。
ちょっと知らない場所にいくときには必ず利用します。

もちろん海外ではひとり旅の大切な友です。

 

オフラインでも大丈夫!ナビ・ルート案内『MAPS.ME』

オフラインでもつかえる「地図」なら

オフラインでもつかえる、『MAPS.ME』は事前に旅行先の地図データをダウンロードしておくだけで、オフライン状態で利用できるマップアプリです。

オフライン地図だからといって省略したような、簡単なものではなく、細かい道やバス停や名所などもしっかり表示されているので、日常的に使うマップアプリとしてつかうには十分な情報量が特徴です。

そのうえ、徒歩や自動車を使ったルート案内や、スポットを登録しておく機能も搭載。
まえもって行きたい場所を登録しておけば、すぐにルート案内がでてくるので、観光時間がむだなく、つかえますね。

 

Currency(一人旅で海外へ出かけていくときはいりますね)

使い方がとても簡単!

一度ダウンロードしておけばどの国でもずっと使えるます。

これがあると、いちいち計算して、うーん「いくら?」と悩まなくてもいいので楽ちん~
(笑)
海外旅行にはかかせません。

また旅行前に日本で両替の時も使います。

 

グリーンの地球のマークをクリックすると、通過を削除したり、加えたりすることができます。

 

 

海外でレストランのメニューも、パシャッと翻訳『Google 翻訳』

英語が喋れなと、現地のことばができないなど、旅行を躊躇してる人多いですが…
観光スポットの入場券購入や交通機関の利用程度なら、身振り手振りで案外通じるのですね。

でも…意味の分からない外国語のメニューちょっと、ボーケンですよね。
あとからこれ、違ったって後悔することも……。

旅行の楽しみである料理の満足度を上げるめにも、
アプリで外国語で書かれたメニューの内容を知ってからオーダーですね。

オフライン翻訳は50言語以上、カメラ翻訳は30言語以上に対応してます。

このアプリがあれば、メニューに料理の写真がなかったり、メニューが読めない時、翻訳でどんな料理かイメージできますよね。

また文字はカメラ以外にも、手書きで入力することもできますよ。

 

本当に便利なアプリがたくさん出ていて、リアルタイムで翻訳できるようになったので海外旅行で英語が苦手とか、いろいろ不安な方も全然大丈夫という心強い環境(アプリ)が整ってきましたね。

スマホのネット環境さえ準備できればそれほど恐れることはありません!

ぜひ便利機能を使って、海外ひとり旅へチャレンジしてみてください♪

とにかく、ひとり旅、海外に行くときはこのスマホアプリは絶対ダウンロードしていってくださいね。

海外だとダウンロードに時間がかかることもあるので、事前に日本でダウンロードしておけば安心です。

 

 

 

現地の言葉がまったくわからない時に役立つ「旅の指さし会話帳アプリ」

以前は、本しかなかったのですよね。

Google翻訳があれば、いらないちゃいらないのですが、あれば使えるアプリです。

これがアプリになってスマホの中に納まっていてくれる。
起動すると現地での利用するシチュエーションごとに使用頻度が多いフレーズが表示されるだけのシンプルなアプリです。

「日本語、現地言語表記、現地言語でのカタカナ表記」が書かれているので、日本語を見ながら伝えたい内容を指差すだけでコミュニケーション♪

翻訳アプリを使用すると、日本独自の言い回しをしてしまい翻訳が意図しないものになってしまったりすることもあります、指差しアプリの場合はお互いに「これしか選択肢がない」という状況の中でやりとりをするシンプルさが強みです。

※対応言語と地域はかなり広く、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、中東などがあります。また、各地域の基本的なフレーズのみを収録した簡易版は無料でダウンロード可能。
簡易版以上の情報を含む有料版は840円(税込)~となっています。

 

行きたい場所を記したWebサイトが、そのままメモ帳に。『Pocket』

情報として、見つけておいたサイトをPocketに保存しておいて、回線が繋がってないオフラインの状態で閲覧できるアプリです。

他の人が同じ国に旅行にいった時のブログ記事や海外版の食べログとか、
旅行に使えそうなサイトをウェブで見つけてお気に入りに登録してもネット回線が繋がっていなければ見ることができませんよね。

このアプリはオフラインでページの閲覧ができます。ニュースページを登録しておいて、あとでゆっくり見ようなどという使い方にも使えます。

そうした情報収集に使ったWebサイトを、そのまま観光メモにできるのが『Pocket』
使い方は、まとめたい記事を開いた状態で、ブラウザから『Pocket』を選択するだけ。

すると『Pocket』内に、Webサイトがまとめられます。

Webサイトのデザインが少し簡略化された感じで表示されます。
が、画像もしっかりと表示されるのでOKです。

事前にWebサイトのスクリーンショットを撮ったり、内容をメモ帳に書き写したりしなくても、
海外でも自由にWebページ内の情報をチェックすることができるというのが旅行にはうれしいですよね。

 

 

スキマ時間も余さず観光!『トリップアドバイザー』

余裕を持ったスケジュールを組むことが多いだけに、予定時間より早く観光が終わることも……。せっかくの海外ですし、余った時間とか、ふとどっかおススメないかななど観光スポットを現地で探すときの情報を持っているサイトのアプリです。

また、もちろん計画を立てる段階での口コミなどもチエックできますよ。

 

言わずとしれた、人気旅行サイト「トリップアドバイザー」のアプリです。
日本全国から寄せられた数億もの口コミと、日本だけではなく世界の旅行スポットの紹介、そして宿泊先やレストランなどの豊富すぎる情報をすべてチェックすることがでるので利用価値大ですね。
細かいところまで行き届いたアプリといえますね。

あまり知らなかった頃、飛行機で隣になった女性におしえてもらいました。

教えてももらったのはこのアプリとインスタでした。

 

 

Google Trips

Google Tripsは、便利さで話題をさらったアプリが遂に日本語に対応で使えるようになりました。そのユーザビリティの高さから海外で非常に支持されているアプリなんですね。

旅行計画を立てる段階から使えるアプリです。

Gmailと連携しており、Gmailで受信したホテルの予約情報などをもとにして旅行のプランを作成することができるんです。

現地では、Googleの豊富な情報を元に、いま近くにある営業中のレストランなどを知ることもできるとか、普段からGmailやGoogleを利用する方には、大変重宝するアプリであることは間違いありません。
ネット接続せずに使用できるのもいいですね。

 

 

 

 

ひとり旅で海外にでたらスマホアプリ「Yelp」で現地のおいしいレストランをさがしてみよう

チェコでコーヒーがのみたい~、スペインで美味しい朝食は?など、現地のレストラン、カフェ探しに便利なアプリ「Yelp」です。

場所や価格帯、「しずか」「にぎやか」といったお店の雰囲気から「子供連れに向き、不向き」「Wi-Fiの有無」「自転車駐輪場の有無」などの細かいデータなどが網羅されています。

もちろん、Googleマップにもレストランのレビュー機能がありますし、クチコミ数もありますね。

しかし、情報量では「Yelp」が断然すごいです。

英語や現地の言葉で書かれたレビューは機械翻訳で日本語でみることができます。

ちょっと翻訳が変なところもありますが書いてあることの雰囲気は理解できるため、現地の生の声をチェックするのに便利です。

レビューしている人の好みが日本人と違う場合もあるので、その点を理解して選ぶときの参考にするのに、お役立ちアプリです。

 

まとめ

ひとり旅で海外にいくときのスマホアプリのおすすめをまとめてみました。

スマホを使うにはネットにつながっていることが大切ですね。

WiFiルーターをレンタルしていきましょう。

海外Wifi-レンタルはどこを選ぶ?女子一人旅におススメ、家族も安心~

 

スマホ、ネット環境など整ったことで本当に一人旅がしやすくなりました。

食べたいもの、行きたいところ、ホテル検索、口コミなどなど、アプリでしらべて安心して旅行ができますね。

 

でも、失敗もあったり、ハプニングもあったりと、旅は本当に出てみないと、その楽しさはわからないのです。

 

ぜひ、スマホに、アプリをいれて、海外へ飛び出していきましょう!

 

出発の準備はできましたか?

楽しい旅を~♪